広島で再生建築、耐震診断、耐震補強、適合リノベーション、木構造の構造計算のご相談ならお気軽にどうぞ

 広島の再生建築の専門
イシクラカズヒロ構造アトリエ

広島市中区河原町3-24 isビル (ファミリーマート隣り)

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)    ⇒    MAP   

中大規模木造の構造設計

技術サポートしています

代表者ごあいさつ

代表者ごあいさつ

石倉 和浩
代表/Enginner
プロフィール

1971年  島根県松江市生まれ
1994年  国立山口大学 経済学部 卒業
1994年  呉市 リベラ㈱(社長室企画室ほか配属)
1999年  広島市 建修技術学校 建築科 夜間部 卒業
2000年~ 塩見設計(構造設計)
2002年~ 坂本建築設計アトリエほか(意匠設計)
2005年~ ㈱塩見(耐震設計)
2008年~ イシクラカズヒロ構造アトリエ設立

資格

一級建築士(第344060号)
宅地建物取引主任者(広島)第019725号
広島市マンション耐震診断資格者
広島市木造住宅耐震診断資格者
広島県ヘリテージマネージャー
日本建築構造技術者協会(JSCA)会員 ほか

アトリエ内観
ごあいさつ

イシクラカズヒロ構造アトリエは、広島市を拠点とする耐震に特化した構造専門の設計事務所です。


起業するまで

代表の石倉和浩は、島根県の松江市の出身。専業農家の次男坊で、小さい頃から、独立に憧れていました。
山口大学の
経済学部卒業後、一代で会社を築いたベンチャー起業家に憧れ、呉市の海運会社に就職。船主をネットワーク化し、事業の企画からファイナンスまで統括するスケールの大きい事業でした。船は「動産」、これを「不動産」に置き換え、小さくても1人でできる範囲で仕事ができたら面白いと思い、27歳で建築業界に転職します。


やりたいことを仕事にすること

最初にたまたま構造専門の設計事務所に入ったのが、今につながっています。
新築の構造設計をしていた頃、面白い空間をビジネスとしてつくり上げる「リノベーション」と、耐震補強をしっかりする青木茂氏の「再生建築」を知ります。
当時の上司に「再生建築みたいな仕事ありますか」と質問したら、「あるわけない」と返答され、「それだったら自分でやろう」と思ったのがきっかけでした。
その後、
アトリエ系の意匠事務所も経験し、自分が活きる役割は「構造」と決め、耐震設計の習得に励みます。


自分でやってみる

2007年、自社で再生建築のサンプルとして、広島市に4階建てのミニビル(自邸)購入し、改修予算1000万円で「減築・再生」しました。
物件選びは、築20年以上の割安な物件に絞り、購入前に建物調査、耐震診断を行い、補強工事をして、検査済証を取得
権利関係の確認、登記または税制の優遇手続きなど構造以外のことも自分で行いました。


きちんと稼ぐこと

2008年に個人事務所を開設し、面白い空間つくりのお手伝いをしたいと思い、新築住宅の構造設計、および増改築、再生建築の耐震設計に特化しました。
プロジェクトの機能的、構造的、および美的側面に関して、感覚はオープンで、仕事はキチンとを心がけています。

社会性や経済価値を与えるコトに取り組み、新たなビジネスモデルの転換を行い「構造設計士」の職能の確立を目指しています


社会にも貢献すること

技術力はユーザーベネフィットのために
中古物件の流通活性化において、建物の質が課題とされるなかで、耐震性を活かした建物再生、適合リノベーションをより広く・深くを目指しています。
また、木造建築のように簡便に増改築できる建築システムは、日本以外に存在していません。イノベーションされたものを成熟・昇華させたい、という思いで、木建築の構造を追いかけています。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

080-6315-5474

受付時間:10:00~18:00(土日祝を除く)